企業情報主体のPRサイト

ホームページ作成POINT

  • 会社基本情報環境寄与社会活動採用IRなどステークホルダー結びつき強化
  • サイト作り方ポイント情報不充分さないこと
  • 実績だけなく未来メッセージ重要
  • 特に上場会社CSR会社社会的義務重視各種情報公開
  • トップ管理基幹人員従業知る法的有効性方策でもある

90年代ホームページ作成会社情報メインだっうちウェブサイト持っますいうよう言葉新鮮響いころサイト内容いえほとんど会社小冊子WEB置きかえだけ非常に貧相コンテンツ並んもの基本的案内会社概要ヒストリ事業内容社長メッセージこれまで功績など退屈もの多かっしかも更新がなかなかされないため、一度来訪すると二度と行かないユーザーも多かった。ましてやSEO対策なんて知る人はいなかった。しかし現在はホームページは、刻一刻と変化する会社の今を配信する重要なメディアである。会社のステークホルダーに会社の最新情報とこれからの戦略やプランを伝える場だ。ステークホルダーとは、取引先、従業員、株主、顧客などがあげられる。たとえば、IRサイト。会社事業モデル直近売上高利益株価此から運営戦略管理目標伝えいかに会社インベストメント有効性どう知っもらう目当て功績良く輝かしいプロダクト開発IRうまくいかないため資金集まらなかったり株価上がらなかったりすること非常に多いまた、求職者との関係性でいえば、代表的な目的として、採用サイトがある。従来は就職、転職情報誌などの紙メディアからの応募が多かったが、こうした情報誌もオンライン化され、詳細は各企業の採用サイトで情報を入手するようになっている。例えば転職サイト最大手リクナビNEXT常時20ほど登録あるいうまたウェブサイト従業とっ会社政策在り方知る有効キーポイントなっいる普段直接コミュニケーションとること少ない経営幹部メッセージ運営戦略証明功績など従業熱心いるある会社ウェブサイトアクセスログたら従業だらけいっこと少なくない

こうステークホルダー関係性こと近頃CSR会社社会的義務いう言い方するCSR会社利益追求だけなく社会全体対しどのよう活動行っいるステークホルダー成果及ぶ情報すべて公開いるいうこと具体的会社環境対する取組みエリア寄与活動ボランティア会社おける受動的情報公開などあげられる最近ではこうしたCSRをきちんとやっている企業に積極的に投資をする動きも出てきた。逆に消費者を欺くような行為が露呈して企業の存続危機に陥っている大企業が新聞を賑わせていることを考えるともっともなことだ。

企業とステークホルダーとのコミュニケーション

CSR企業とステークホルダーの関係性・・・・CSR活動行うステークホルダーコミュニケーション必須ここいうステークホルダー積極的会社関わり会社活動成果及ぼす利害関係者こと指す具体的株主利用者商業取引社員社会などコミュニケーション単なる一方通行レポート公開とどまらないさまざまコミュニケーション考案求められるこうした目的で、環境や社会活動などに関する報告書を作成、公開する上場企業は全体の4割程度にまで増えているという。

企業の社会的責任(CSR)の基本的な考え方・・・

CSR会社社会対し負う義務特に会社活動おい利益追求だけなく法規順守社会的立論尊重など念頭置き安全かつ優良サービス提供とり行ういう会社務めいう注目いる状況会社規制カルチャー世界与える影響増加こと近頃ニュース賑わせいるよう会社汚職会社功績財務状態与える衝動増大深刻いることなどあげられる

企業の社会的責任を果たし、ステークホルダー満足度を高めることが最終的には企業価値を増大させることになる。